「カリトロ」が独り歩きして、10年以上たつだろう。
だが、今主流となっているたこ焼き鍋を考えると、
店頭でも家庭で、本当のカリトロは、実現がむずかしい。

銅鍋でも、テフロン加工でもなく、
戦前から、たこ焼きの鍋は、鉄鋳物と決まっていた。
たこ焼きマスターズにおいても、公式の鍋として、鋳物を選んだ理由がそこにある。
鍋の手入れさえちゃんとすれば、鋳物鍋のほうが、ずっと経済的で、食感が絶妙なのだ。

というようなことを、きちんと書く機会が最近増えて、
オリンピック50年で盛り上がる「東京特集」の巻頭を飾ることとなった。

ご一読を!
IMG_9315IMG_9313

プレジデント社「dancyu」
2014年11月号(特集:東京旅行)
巻頭エッセイ「ウマい町」 http://www.president.co.jp/dan/