110525_1520~01

ロイヤルコペンハーゲンのバッカ、テネラからスタートした北欧ヴィンテージ。

でも、いい商品はどんどん売れてしまっていて、いい状態のものはかなり少なくなっています。

そんななかで視点をかえて発見した、この画集。

画家をめざし、一度は自殺も真剣に考えたラーションが、最愛の妻と出会い、7人の子供たちとスウエーデンの田舎の別荘に暮らしながら描いた水彩画たち。

まさに、幸せを画に描いたすてきな家族の肖像、笑い声や犬の声、ハーブの香りまで感じさせる楽園。

ラーションの画には、食事のシーンもよく登場します。ラーション家のドーナツやホットケーキのレシピ再現なんてできたら素敵でしょうね。

リサラーソンは、Larson 。

こちらは、Larsson で、Sがだぶると、ションを発音がかわるようです。フランスで画の勉強をした人ですが、欧米とも一味ちがう、日本にも通じるような優しい憧れの世界です。

SWEDENを代表するロールストランド窯のソースボートに、庭のハーブを入れてみました。

本がのってるのは、お気に入り、BACCAのネストテーブルです。

ラーションの日常にちょっと重なるかもしれません。

110527_0941~01